宇土市、20日から被災住家の解体・撤去の受付開始

住宅関連, 宇土市, 官公庁, 申請・手続, 自治体

宇土市では、罹災した住家の解体・撤去の受付を20日月曜日からスタートします。解体の順番は受付順ではないことをご了承ください。

  • 対象となる被災建物:り災証明で,「全壊,大規模半壊または半壊」の判定を受けた住家のみ
  • 受付時間:午前9時から午後4時まで
  • 受付場所:宇土市民体育館フロア内 被災者支援室 家屋処理支援班

宇土市被災住家解体・撤去の受付

日 程地 区
6月20日(月)宇土地区
6月21日(火)宇土地区
6月22日(水)花園地区
6月23日(木)轟・緑川地区
6月24日(金)網津・走潟・網田地区
6月25日(土)
~8月31日(水)
地区指定なし

必要書類のリンク先

01 チェック表(市が行う解体撤去/個人の住家を解体される方へ(WORD 約17KB)

02 申請書(市が行う解体撤去)(WORD 約23KB)

03 建物配置図・現況写真(WORD 約15KB)

04 建物配置図見取り図例(EXCEL 約221KB)

05 同意書(権利関係者用)(WORD 約17KB)

06 同意書(共有者用)(WORD 約16KB)

07 同意書(法定相続人用)(WORD 約16KB)

08 変更取り下げ申請書(WORD 約20KB)

09 委任状(WORD 約15KB)

市の解体を待たずに自主的に解体をする場合には、事前協議が必要です。これは、解体費用の補助は基本的に宇土市が主体となって実施した場合となっているためで、り災証明と印鑑を持参のうえ、被災者支援室家屋処理支援班までお越しください。

また、空き家や事務所、店舗、倉庫など住居でない建物には罹災証明書が発行されません。そのため、これらの建物を解体する場合は、被害程度の認定申請が必要です。被災建物等の解体撤去に係る被害程度の認定申請を家屋処理支援班で行ってください。現時点では住家の被害認定が優先されますので、解体撤去の受付はしばらくお待ちください

また申請時には必要書類が揃っているかどうかを確認の上、申し込み手続きを行ってください。

詳細は、宇土市のサイトでご確認ください。

 

 

応援のひとこと!