八代市:損壊家屋等の解体・撤去の支援

住宅関連, 八代市, 官公庁, 生活, 申請・手続, 自治体

八代市では、国の災害廃棄物の補助制度を受け、対象となる家屋等の解体及び撤去の支援を行います。

対象となるのは以下の建造物です。

  • り災証明書で、「半壊」「大規模半壊」「全壊」の家屋等
  • 半壊程度以上の被害のあった店舗・空家などで特に生活環境の保全上、必要と認められるもの

対象者は、建物の所有者(法人の場合は「中小企業法第2 条」による中小企業者(中小企業者並みの公益法人も含む))となります。

申し込み期間は2016年6月29日(8時30分〜17時15分)まで、場所は廃棄物対策課(八代市中北町3743番地、八代市清掃センター内)となります。土日祝祭日は受け付けていません。

すでに解体を行った家屋でも、市が事業の対象となると認めた場合は、八代市が設定した基準額の範囲内で解体等の費用を払い戻しします。また、これから解体撤去の契約を結ぶ予定の場合もご連絡下さい。

また、本事業を利用し非住家を解体する場合、既に解体した非住家の解体費用の支援を希望する場合は、上記に準じてお申込みください。申込後に現地調査や関係書類(契約書・工事写真など)の確認などにより基準に該当するか審査します。

この支援策は、対象家屋を全て解体する場合が対象となりますので、一部解体や修繕工事は対象外です。
また、申込内容や現地調査等の結果によっては、解体工事を引き受けできない場合がありますので、ご注意ください。

詳細は八代市のサイトでご確認ください。

応援のひとこと!