荒尾市、被災者へ市営住宅を提供(7/27募集再開)

住宅関連, 官公庁, 生活, 申請・手続, 自治体, 荒尾市

荒尾市では、地震の被災者を対象に市営住宅を一時的な住居として提供していますが、7/27に募集が再開されました。期間は原則3カ月(最長一年間)、退去時の修繕が原則免除されています。詳細は、荒尾市のページでご確認ください。

【対象者】

  • 災害により自らが居住する住宅を失い、現に避難されているなど、住宅に困窮されているかた

【受付】

荒尾市役所 建設経済部 建築住宅課 住宅管理係(問い合わせフォームが開きます)
電話番号:0968-63-1491

月曜日から金曜日まで(祝日・休日を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで

【入居期間と戸数】

  • 13戸(2K~3LDK)(7月27日現在)
  • 原則、入居日から3ヶ月(状況により延長更新を含めて最長1年間)

※これは平成28年6月30日17時00分現在の状況です。今後、受け入れ可能な住宅戸数は変動することがあります。

【家賃など】

  • 家賃、敷金、駐車場利用料…免除
  • 上下水道使用料、し尿くみとり手数料、ごみ…免除
  • 光熱費…個別契約で自己負担
  • 連帯保証人…不要
    ※駐車場が有るところと無いところがあります。

【退去時の修繕】

  • 原則、免除
    ※入居者の過失により修繕の必要が生じたときは、その修繕費用を負担していただきます。

【申請の時に必要なもの】

  • 罹災証明(状況写真を提出してください。後日の提出でも可能です。)
  • 住民票、運転免許証の写し、保険証の写しのいずれか一つ(後日の提出でも可能です。)
  • 印鑑(代理人が申し込む場合のみ)

応援のひとこと!